消費者金融の審査に落ちたらどうなるのか?

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が融資してくれるものと消費者金融が融資してくれるものと2種類があります。

銀行カードローンのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますが審査が厳しいこともあり、属性が高い人におすすめしたいカードローンです。

消費者金融のキャッシングはというと金利が高め、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

諸々の条件で消費者金融の方が銀行カードローンよりもデメリットを感じるかもしれませんが、銀行カードローンと比べると消費者金融のキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめできます。

また、審査結果の通知も早く、即日融資もしてもらえるのでとにかく急いでお金が必要!という方にとてもおすすめです。

消費者金融のキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人は金融業界で要注意人物としてブラックリストに入れられている可能性があります。

また、消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制が定められており年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数の金融機関から借入がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも敬遠されます。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンには消費者金融のキャッシング、銀行カードローンそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法なのですが貸金業法には総量規制があります。

これは、個人の借り過ぎを防ぐために設定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されカードローンやキャッシングのような無担保ローンにだけ適用される規制です。

消費者金融というものは借りる時はとても簡単だけれど返済が遅れたら取り立てが凄いというイメージを持つ人は多いと思います。

以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのですが近頃は法律が改善されので、そのような取り立ては行われません。

金利は銀行カードローンと比べると若干高いのは否めませんが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが圧倒的に多いです。

借入や返済もコンビニなどで手軽に行えますしATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。

また、消費者金融レディースローンを用意しているところも多いので女性の利用者も増えています。

消費者金融のメリットは銀行に比べてお金が借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、現在の規定よりも高い金利で借り入れていた人がいたようです。

これこそまさに過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、過払い金の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年経過すると時効になってしまい過払い金の請求権を失いますから身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

審査基準が高いというイメージが強い銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行の金融業務に関する保証会社となりました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査の能力やシステムに関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務は為替や証券、預金などの業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いからです。

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはランキングサイトを見れば一覧できます。

消費者金融ごとにまとめて掲載しているサイトもありますし、一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。

各金融機関についてそれぞれお勧めポイントを紹介してくれているサイトもあるので消費者金融を初めて利用するという人でも、簡単に比較することができるのでとても便利です。

更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなので比較後、すぐに手続きをすることも可能です。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査をクリアするためのコツなども紹介してくれていたりするので、是非積極的にご利用ください。

消費者金融のキャッシングの利点はやはり簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので手軽に利用することができます。

参考:消費者金融借り入れで審査に落ちた?住宅ローン審査!【絶対にNG?】

カードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますので借り入れる人は金銭的に安定していることが必須となります。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査の段階で落とされてしまうでしょう。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組む場合にはカードローンは解約しておいたほうが良いと思います。

昨今の消費者金融業界は法律の改正やCM効果によって年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界の業務内容や労働条件を解説します。

業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされておりノルマ達成などといった成果を上げることでボーナスが期待できます。

お金を融資してもらうことができる金融機関には銀行以外に、消費者金融やクレジットカードでキャッシングするという方法があります。

昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが近頃は銀行でもカードローンが取り扱われているのでスピーディに借りられるようになりました。

利益を上げています。

銀行の金利と消費者金融の金利を比較した場合、消費者金融の金利の方が高いことが多いと思います。

ただし、中には消費者金融よりも金利が高く設定されている銀行カードローンもありますので