教育ローンは担保の有無が選べられるの?

新たな事業を開始する際に使う事業資金ですが、公的機関の事業時金と民間企業の事業資金は融資内容に差があります。
大まかに、担保の有無によって有担保ローンと無担保ローンとがあります。
担保がいるローンと、担保を立てずとも利用できるローンです。
事業資金がいる場合、銀行の事業資金を検討するという人が多いのではないでしょうか。
銀行から事業資金を融資してもらう場合、金利が低く比較的返済期間を長めに設定することができるといったメリットもあります。
銀行での融資は審査が厳しいようです。
審査の結果が出るまでにかなりの日数がかかるといったデメリットもあります。
急いで資金が必要な場合や担保がない場合には融資が間に合わなかったり、融資を断られることもあります。
銀行以外の民間金融会社は、銀行ほど審査が厳しくはありません。
銀行での融資が受けられなくても、民間の金融機関に融資を依頼することが可能です。
できるだけ早く融資を受けて事業資金にあてたい人には適しています。