幼稚園を選ぶ基準

失敗しない幼稚園選びガイド

幼稚園選びは募集要項から

6月頃から幼稚園選びは、始めておくと良いでしょう。

 

何故かというと、この時期になると幼稚園選びの基準となる募集要項が出されるからです。

 

幼稚園を受験する家庭で早い方だと、赤ちゃんが生まてすぐから受験準備を始めるくらいではありますが、それは少数派として置いておくとして、一般的には夏になる前にどこの幼稚園を選ぶかを意識するようになるでしょう。

 

幼稚園の募集要項には、園児の募集人員や園が提供しているサービス(園バスやプール、給食など)、その園の設備やサービスについての情報がたくさん詰まっています。

 

園内の写真や、園児たちのスナップも載っている事が多いので、制服や体操服などイメージがしやすいでしょう。

 

中には園長先生の言葉もあるでしょうし、園の方針なども書かれていると思います。

 

保育指導方針や園の方針についても示されているでしょうが、この辺りの言葉はどの幼稚園も似たような文面になっている事が多いようです。

 

そのようなことは説明会や見学会に実際に行った時に見て確認したり、近所のお母さん方のネットワークなどから情報収集した方がより活きた情報を得られるのではないでしょうか。

 

そして、入園に関する費用等も書かれてありますからしっかりチェック出来るでしょう。

 

入園説明会や見学会、体験入園などの日程も記されているはずですので、募集要項は隅から隅まできちんとと読んでおきましょう。

 

幼稚園選びの対象と考えている所の募集要項は比較検討するの全て揃えおくと便利です。

 

入園を考えている園のホームページなどは日頃からチェックし情報収集をしておく事をお薦めします

 

失敗出来ない!幼稚園を適切に選ぶ方法

ランドセルはどこで買う?

皆さんがランドセルをお子さんに買おうと思ったらどこで買いますか?近くのスーパーや百貨店の売り場へ行く人も多いと思います。

中には、店舗まで遠くて行くのも面倒だし通販でいいかなという人もいるのでは?通販は他の製品と比べやすいなどの利点も多いですができれば1度は百貨店などの売り場で現物を確認してください。

なぜかというと、通販では本体の重量はわかっても実際に背負ってみて軽く感じるかや色などがわからずフィット感が悪くて使いにくいことがあるからです。

他にも、刺繍をはじめとしたデザインなど細かいディテールも確認できます。

通販を利用するとしたら実物を確認してからをお勧めします。

小学生の時しか持てないものといえばランドセルを思い浮かべる方が大半なのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子は赤が多かったですが最近では色々な色やサイズが登場しています。

では、もう黒と赤は人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は健在です。

確かにここ数年、緑系やピンク系が25%と1番人気ですが赤系はそれに次ぐ3番人気を保ち続けています。

また、メーカーによってはピンクに近い色合いも赤系に含める場合があります。

なので、一概に赤系といっても幅広いラインナップになっています。

初体験のことはどんなことでもわからないことだらけですよね。

特にランドセル選びなど長期間使うものを選ぶのは慎重になりがちです。

各社の製品について比較してみましたので参考にしてください。

まず、ランドセルメーカーが多いので大まかに分類します。

製造から販売まで全て行う企業と製造は専門企業に任せて、企画と販売を行う企業と企画まで任せて販売のみ行う企業の3つに分かれます。

製造から販売まで自社で行なっているメーカーの製品の質はとても高いです。

次にオススメできるのは販売のみ行う企業です。

主に有名ブランドランドセルがこの部類に当てはまります。

この場合は、工場側からブランドへ企画を出すことが多いので質が良いことが多いです。

夏休みも近くなり、ラン活も本格的になる時期になりました。

調査によると7月〜10月が購入ピークとも言われていますが人気ランキング上位の工房系などは夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系などのブランドランドセルを手に入れたい場合は早めに情報を集めておかなければいけません。

ただ、早く決めすぎた場合、子供の心変わりが起きると困ります。

例えば、お友達が何色だったとかで別の色が欲しいなんてこともあります。

個人的にオススメなのは年末年始のタイミングや10、11月頃です。

年末の決算で安く買える場合もあり、入学3ヶ月前なら体型も変わりにくくなので体に合ったものが選びやすいです。

夏になりラン活をするにあたって百貨店の売り場などに出かけると思います。

その際に必ず確認したいことがいくつかあるので覚えておきましょう。

例えば、入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかや一例として入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかや店頭に行った際に注意したいのが丈夫さや軽さです。

ここでいう軽さはランドセル本体の重量という意味ではなく背負った時の体感重量のことを言います。

他にも万が一壊れてしまったときのために直してくれるかどうかという6年間の保証がついているか確認したいですね。

ここまで色々書きましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

年々種類の増えているランドセルですが来年入学する子供のランドセルはもう購入しましたか?まだ決まっていない人もおそらく夏のうちに選んでおきたいところです。

ランドセル業界にも流行り廃りは存在していてラン活をするにあたって流行を知っておきましょう。

2018年度入学の女の子向けの売れ筋は王冠の刺繍やバラ柄の金具などプリンセス感満載のデザインが2018年度入学の子に人気だったようです。

デザインについては繊細で上品な刺繍が最近は主流です。

刺繍などがないシンプルなデザインの場合では本体はブラウン系、ふちをピンク系といった組み合わせも人気です。

ここ何年か、夏休みの時期になると百貨店などではランドセルの特設コーナーを行っているのをよく見かけます。

ただ、そこで工房系の製品を気に入ってもすでに予約終了している可能性が考えられます。

実は、早い人は4月頃にはラン活をスタートていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数が限られている製品を狙っている場合は早くラン活をしている方が多いようです。

工房系の製品は店頭販売せず通販限定になっていることも多くできれば実物をチェックしておきたいですよね。

そのため4月下旬頃から展示会を開いているメーカーもあるので今からでも情報を集めてみてはいかがでしょうか。

最近では、祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている光景が夏休みの風物詩のようになってきましたね。

ランドセルを選択するときのポイントについて確認しておきましょう。

まず、先輩ママ達が一番重要視していたのは色やデザインです。

「本人が気に入ったデザインやカラー」でも良いですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたのが小学校高学年になっても趣味が変わるのは大いに考えられます。

同様にそのとき人気のキャラものにしたら6年間のうちにそこまで好きじゃなくなったというケースもあります。

そのため、6年生まで使えるデザインやカラーを重要視している方が多いようです。

暑くなって来て本格的に「ラン活」の時期になって来ましたね。

ラン活とは来年度に子供が使うランドセルを探して購入することです。

ラン活をするにあたって気になるのは値段の相場です。

1番人気の価格帯は4万円台となっており実際に7割近くの人が3万円台?5万円台を選んでいるというデータもあります。

世の中には1万円台の製品もあるようですが3万円以上のものの方が丈夫で壊れにくいのでオススメとのことです。

安価な商品だと壊れやすい気がしてしまい不安という理由を見かけます。

実際に売り場で販売員をしていた方の言葉を参考にするとやはり3万円以上の商品の方が丈夫で壊れにくいようです。

最近はリビングで予習や復習など勉強をする子供が増えているそうです。

リビング学習では家族が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからないところを聞きながら勉強できるのでいいと言われています。

リビング学習をするのであえて勉強机を買わない家庭もあるようです。

そうすると悩むのがランドセルやカバンの置き場所です。

ただリビングに置くとインテリアと合うか不安ですよね。

オシャレなランドセルラックや収納アイディアで解決してはいかがでしょうか。

例えば、キッチンカウンターの下の隙間にカラーボックスをおいて入れてみたり、壁のフックに掛けておくという方法もありますが床に置くことが多い場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

スマホが普及して何かを選ぶ際に口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを参考に選んで自分には合わなかったなど後悔した経験もあると思います。

それはランドセル選びにも通じます。

初めてラン活をする際はわからないことだらけで評判が良いものを探しがちになります。

ただ、実際にランドセル売り場に見に行くと生地が薄かったりと期待はずれなこともあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、製品がどう造られているかを知らなければいけません。

また、口コミを調べるにもメーカーは数十社、種類は数百種類もあり、情報が多すぎて何を選べば良いか決められないという話も聞きます。

参考:ランドセルどこで買う?イオンと通販どちらがお得?【おすすめは?】

一番簡単な選択方法としては最初にメーカーを決めてしまうことです。

例えば、自社製造しているセイバンなんかは品質が安定して高いです。

この前、個人的にランドセルについて調べていたらアディダスをはじめとしたスポーツブランドのランドセルがある時代なんですね。

運動が好きな男の子にオススメなのではないでしょうか。

販売されている製品の特徴を調べると百貨店モデルと呼ばれるタイプでは本体の素材に最高級のクラリーノを使っているのでそのため国内製造している日本メーカの製品と機能が似ているところも多く見受けられます。

通常の製品との大きな違いとして挙げられる点は施されているので思い教科書の負担が減り存在がわかりやすくなることなど防犯面が上がっています。

みなさんが小学生の時に小学校へ行く際は何を使っていましたか?多くの方は黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではリュックを背負っている子供やランドセル自体の色が増えてきており見た目で選ぶ親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、お気に入りのランドセルを汚さないためにランドセルカバーの需要が高まっています。

男女両方で人気のデザインはランドセル本体のデザイン性を損なわない透明なビニール製のものが選ばれるようです。

また、男子の場合は黒ベースのカバーやワンポイントデザインのあるものも人気のようです。

ハンドメイドマーケットサービスでも出品されているのでここで探してみても良さそうです。

最近の夏休みは来年小学校に入学する子供のためのランドセル探し、いわゆる「ラン活」が本格化する時期と言われています。

売り場に行く前にネットで値段をチェックする方も多いと思いますが思っていた以上に高いことに驚くのではないでしょうか。

クラレの調査によると2016年度に入学した小学生のランドセルは45.000円以上の価格のものが多かったようです。

なぜ価格が全体的に高くなるのかというとA4フラットファイル対応が主流になり使う材料の量が増えていることや色やデザインの種類が多くなっているので開発費がかかっているためなどがあるようです。

売り場に行ってどれにするか迷ったら販売員さんと相談しながら決めましょう。

年々、購入時期の早まっているランドセルですが2019年入学のお子さんをお持ちの親御さんはすでに購入されましたか?最近ではデザインや素材にこだわった工房系と呼ばれる人気のランドセルは受注生産体制のため早めに注文される方も多いようです。

これから購入するという方向けに最新の流行を紹介します。

去年までサイズ見直し問題もありましたが今年はA4フラットファイル対応サイズが主流となっています。

デザインは男子向けでは一時期流行したゴールドなどのメタリックカラーから「上品で知的」な方向へ変わっているようです。

女子向けのキーワードは「ラグジュアリー」から今年はブラウンやピンクに近い色味の赤系が売れているようです。


様々な幼稚園の特徴や選ぶ際の注意事項などを紹介しています

Copyright (C) 2010 失敗しない幼稚園選びガイド All Rights Reserved.